程よくアナログ

f:id:hynm_naotoshi_harada:20170610090708j:plain

 

f:id:hynm_naotoshi_harada:20170610090747j:plain

 

f:id:hynm_naotoshi_harada:20170610090825j:plain

 

程よくアナログ。

個人的に、絵を描くのが幼少期から好きなもので、惹かれるデザインは、手書き感の残るもの。

ビンテージのポスターや古着のTシャツなんかもアナログ感が残るものが多い。だから好きなんだろう。


撮影でサンフランシスコを訪ねる機会が増えた訳だが、まだまだ手書きの看板があちらこちらで見てとれる。


なんとも楽しい街だ。

そう言った意味では、日本はセンスないよね。

 

昭和の手書きの看板とか凄い良いと思うが。

映画とかさ。

あっちの方が観たくなりそうだが。。

 

まーいーか。

 

話しは長くなりましたが、

正真正銘、手書きにこだわり、今もなお

サンフランシスコのショップのサインを手がけるサンフランシスコの看板屋さん「New Bohemia Signs」。

 

そんなかっこいい看板屋さんの最高にかっこいい看板ロゴをなんと今回特別に使用させていただけることに。

良い意味で、程よくアナログなCAPとTシャツ。これはヤバい。
6月発売乞うご期待。

 

 

話しは変わって、娘からリクエストされたプーさんを久々にやや本気で描いた。

たまには、線に向き合うの良いね。

気持ちよかった。

 

シャーペンより鉛筆派。

これは、シャーペンとボールペンだが、

やはり程よくアナログが好きです。

f:id:hynm_naotoshi_harada:20170605112509j:plain

f:id:hynm_naotoshi_harada:20170605114450j:plain

f:id:hynm_naotoshi_harada:20170605115520j:plain

 

f:id:hynm_naotoshi_harada:20170605123503j:plain

 

f:id:hynm_naotoshi_harada:20170605140926j:plain